新着順:21/3533 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ベルトテンショナーご臨終

 投稿者:すずたか管理人メール  投稿日:2020年11月 9日(月)17時30分36秒
  通報 編集済
  今回車検前に「Vベルト」を交換しました
(前回2014年12万5千キロ→2020年14万8千キロ)

その時と車検時には調子良い(張りが適正)だったVベルトが帰ってきてから
鳴き出しました(約40キロ走行)

初期の延びかと思い調整をしたところいっこうに張りがでません
心配していた「ベルトタイトナー」が逝ってしまいました
(交換予定リストに載ってますのでそろそろかと思ってました)

2020年11月14万8千キロ前回交換したのが2009年5月11万2千キロ
11年と6ヶ月約3万6キロ走行でした

以前NIIBEさんが
「W124のテンショナー寿命が短いと言うが本来ベルトを交換してゴムの弾力で張りを
 だして基本は次のベルト交換まで触らないものDIYで外したり張ったりを繰り返せば
 すぐに駄目になるのは当たり前です」 というようなことを言っていた 納得(笑)

スピードジャパンさんでスプリング方式のタイトナー(誰かさんのC200で経験済み)
が取り付けられるステーを開発中 と言っていたがその後どうなったんだろう?

結局コストが合わないのでお流れになったのか(まあW124の需要がないのでしょう)
さすがにこの時点での「純正品」は敷居が高いのでOEMを注文しました

自分のホームページを観て勉強中です(笑)

http://suzutaka.holy.jp/mejironosuzuki/3081.html

 
》記事一覧表示

新着順:21/3533 《前のページ | 次のページ》
/3533