teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


好奇心のため投稿しました。

 投稿者:松村美香  投稿日:2022年 1月17日(月)23時17分37秒
  私は、G-FRONT関西の正会員で、MTFです。コロナが長引いてるせいで、皆さん、コロナ前に戻れない方が多くいらっしゃいます。生活が一番大事でレインボー活動の暇がないとか、やる気が邪魔されて、休憩中とか、実は今、歴史的に見ても酷い時代に入っています。皆さん、どうぞ無理をしないで、まず生きる事を最優先に考えて下さい。遊び優先にしている場合じゃないと、あたしは考えます。生活費の事も大事だと思います。コロナが収束次第、LGBTのために動けるように、準備をして待つしかないと、あたしは考えています。皆さんにもこれ以上、犠牲者が出て欲しくないので、各自、とにかく頑張って下さい。LGBTは何百年前から世界各国で存在するもので、絶対に絶える事はないと、あたしは思うので安心しています。  
 

機関誌『ぽこあぽこ23号 特集・講演録(3)』を発行しました

 投稿者:G-FRONT関西  投稿日:2021年11月 4日(木)19時15分46秒
  当会では、ジェンダーやセクシュアリティに関連したテーマについて、識者の方々にお話をいただく講演会を長年にわたり開催してきました。
講演者の皆様から頂いた、豊富な経験と深い洞察に基づいたご講演は、聴講された方々に感銘を与えるとともに、今後の私たち自身の人生に活かすことができる内容であると考えています。
この度、2021年3月に発行した『ぽこあぽこ22号~講演録(2)』に引き続き、『ぽこあぽこ23号~講演録(3)』として、2009年度・2015年度・2017年度に開催した3回の講演会の講演録を収録し、発行することにしました。
講演会へのご出講、並びに、本誌への講演録の掲載をご快諾いただいた講演者の皆様には、改めて厚く御礼申し上げます。
ご講演から長い年月が経っての発行となりましたが、いずれの講演録も、殊に、セクシュアル・マイノリティのリベレーションとコミュニティの意義について、今日でも、多くの知見と思索のきっかけを提示する、普遍的な価値を持ったものとなっています。
本誌が多くの方々に読まれ、新たなリベレーションとコミュニティ形成の礎となることを期待します。

販売価格1冊500円
11月度会員の方には無料でお渡ししていますので、新規入会、会員更新をお考えの方はこの機会に是非どうぞ。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~gfront/profile/index.html

郵送ご希望の方は、代金+送料手数料を振り込んでください。
バックナンバー「ぽこあぽこ21号 特集・講演録」「ぽこあぽこ22号 特集・講演録(2)」も併せてご注文下さい。
代金+送料手数料: 1冊800円、2冊1600円、3冊2000円
それ以上のご注文はお問い合わせください。
必ず、 http://www5e.biglobe.ne.jp/~gfront/publication/acquiring.html の内容を払込取扱票に記載するか、メールで gfront@muh.biglobe.ne.jp までお知らせ下さい。

郵便振込(払込取扱票使用の場合)
加入者名:G-FRONT関西
口座番号:01040-8-40540

ゆうちょ銀行
口座名義:G-FRONTカンサイ
支店名:一〇九店(イチゼロキュウ店)
口座番号:当座 0040540

Contents(説明文は宣伝で用いたものです。講演者の所属・肩書きは講演当時のものです。)

●シングルと同性パートナーのためのライフプランと法制度
文京区議会議員(2019年4月まで在任)前田くにひろ・弁護士 大畑たいじろう
2009年12月6日開催
シングルで、あるいは同性パートナー関係を築いて生活をしていきたいと思っている人は現在の法律や社会制度の中で、どのように人生設計をしてゆくことができるでしょうか。またどのような希望、展望が持てるでしょうか。
本企画では、特に、誰と、いつまで、どこで、どのように生きていくか、社会保障や福祉などについて考えます。

●社会へのはばたき~教育現場、LGBT成人式、そして就活支援から見えてきたもの~
特定非営利活動法人ReBit(現 認定特定非営利活動法人) 代表理事 藥師実芳
2015年12月6日開催
今年もセクシュアル・マイノリティをめぐる環境については国内外問わず大きな前進がありました。
皆さんの周りでも性的少数者やLGBTといったキーワードを聞く機会が格段に増しているのではないでしょうか?世間のセクシュアル・マイノリティに対する理解は進む一方にも見えます。
しかしながら、私たちの生活の根幹ともいえる、家庭、地域、学校、そして職場ではいまだ偏見が満ち溢れ、もどかしい思いを抱えながら日々生活されている方も多いのではないでしょうか?
今回講師としてお招きする藥師実芳さんは大学在学中に学生団体Re:Bitを立ち上げられ、学校/教育委員会向けの出張授業(LGBTを題材)やLGBT成人式(東京都世田谷区他)、そして昨今はじめられた就活支援など、セクシュアル・マイノリティが悩み苦しむ局面にスポットをあて活動を続けてこられました。
講演では、なぜRe:Bitを立ち上げられたのか?団体運営の中での困難や工夫には何があったのか?出張授業やLGBT成人式、就活支援の中で得られた成果や反響などを中心にお話をお伺いしたいと思います。
「平成生まれ」の藥師さんだからこそ語れる、今時のセクシュアル・マイノリティ事情、一緒に聞いてみませんか?

●日本トランスジェンダー史・女装史とLGBTブームを追う
トランスジェンダー史・女装史研究者 三橋順子
2017年12月10日開催
今回の講演会は、日本のトランスジェンダー史・女装史を中心に、ジェンダー/セクシュアリティにかかわる問題を精力的に研究されてきた、三橋順子さんをお呼びします。
【講演内容】
①日本トランスジェンダー史・女装史
日本のセクシュアル・マイノリティ、特にトランスジェンダー・女装者が辿ってきた歴史を、関西独自のストーリーを織り交ぜて語って頂きます。
②LGBTブームの展望
昨今の企業や行政が積極的に関与し始めた、「LGBTブーム」について、三橋さんがどのようなご見解を持たれているかを語っていただきます。
③ライフストーリー
三橋さんご自身が、どのような形でコミュニティに入り、関わってきたのかを語っていただきます。
空前の「LGBTブーム」を迎えた日本社会。各種イベントの記録的な盛り上りや企業・自治体における同性パートナーシップの実現など、日本におけるセクシュアル・マイノリティの地位が飛躍的に向上したかのようにも一瞬思えます。しかし普段の生活に戻るとき、そこにはいまだ「シスジェンダー/ヘテロセクシャル世界」が横たわり、日々生きづらさを感じている方も多いのではないでしょうか? また一方で企業や行政の本格参入に伴い、当事者が声を上げづらくなっているのでは?という批判も出始めてきました。こんな時だからこそ改めて、セクシュアル・マイノリティがたどってきた歴史を認識しなおし、私たちの今後のあり方について、三橋さんのお話を通じてともに考えていければと思います。
皆様のご来場をお待ちしております。

お問い合わせ gfront@muh.biglobe.ne.jp
 

2021年度クリスマス企画のお知らせ

 投稿者:G-FRONT関西  投稿日:2021年 9月30日(木)23時45分35秒
  2021年度クリスマス企画のお知らせ

2021年12月11日(土) 15:30開始
講演会「性的マイノリティが自分らしく働く・自分らしく生きる~キャリアプランとマネープラン~」
講師:永易至文氏、永井均氏
一般財団法人ゆうちょ財団 2021年度金融相談等活動助成事業

参加無料・事前予約制・現地会場/オンラインの併用

現地会場:レンタルスペース「みんパック」
15時開場
大阪市天王寺区小橋町3-9 クラウンビル2F
大阪メトロ鶴橋駅1番出口から徒歩6分
場所が分からない方は15時にJR鶴橋駅中央改札口前にお集まり下さい。
(近鉄・大阪メトロ鶴橋駅はJR鶴橋駅と隣接しています。)

永易氏は、ファイナンシャルプランナーと行政書士というお立場から、性的マイノリティのライフプラン・マネープランについて必要な考え方や情報を提供されています。
永井氏は、キャリアコンサルタントと社会保険労務士というお立場から、性的マイノリティの働くことを応援し、一人ひとりのキャリアのなかで必要な考え方や情報を提供されています。
「人生100年時代」「働き方改革」「コロナ禍」といった現代社会のなかで、2021年度クリスマス企画では、2020年度クリスマス企画・夏季企画をうけて、性的マイノリティのライフプランについて、さらに一歩進んだ知識・情報をお届けします。

【プログラム】
講演1 「性的マイノリティのマネープラン」 永易至文
講演2 「性的マイノリティのキャリアプラン」 永井均
パネルディスカッション・質疑応答
・自分らしさとは(仮)
・性的マイノリティのライフイベントについて(仮)
・人生100年時代のライフプラン(仮)

講演1 「性的マイノリティのマネープラン」 永易至文
結婚して2子をもつ「標準家族」を営むのではない性的マイノリティは、どういうライフコースを送るのでしょう。
1.お金は死ぬまで続くのか。
2.仕事を続けることの大切さ大変さ
3.子なしで迎える私の老後(人生100年時代)
このセクマイの3大難問を概観し、身体の動くうちに備えられるお金について、セクマイのライフスタイルに即した方法を考えます。

講演2 「性的マイノリティのキャリアプラン」 永井均
性的マイノリティが仕事を続けていくことの大切さ大変さについて取り上げます。
1.性的マイノリティと仕事
2.キャリアの意味
3.「自分らしさ」とは何か
差別やハラスメントの改善は大前提です。それをふまえて、性的マイノリティが働くうえで・生きるうえで必要なことは何かを考えます。

【講師プロフィール】
永易 至文(ながやす・しぶん)
1966年愛媛県生まれ。1980年代末からゲイのコミュニティ活動にかかわる。ライター/編集者として性的マイノリティの暮らしや老後、HIV/エイズ問題を取材する。高邁な理想論を追うよりも、いまできることを具体的に、が持ち味。2013年に行政書士登録、東中野さくら行政書士事務所開設。同年、特定非営利活動法人パープル・ハンズ設立、同事務局長。著書に『ふたりで安心して最後まで暮らすための本』『にじ色ライフプランニング入門』ほか。現代表とは、1991年名古屋で開催された3サークル(上方DJ倶楽部、YOUgikai、アカー)合同合宿以来の“腐れ縁”。

永井 均(ながい・ひとし)
1987年大阪を離れ、2013年まで、四国で知的障がいがある方の就労支援・生活支援に携わる。その後、性的マイノリティの生き方について考えるようになり、上京。ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士・キャリアコンサルタントを取得して、2020年ながいキャリア社労士事務所を開所。性的マイノリティのキャリアプランやライフプランを応援している。G-FRONT関西のメンバーとしても活動中。永易氏とは、2012年、自身のライフプランニングの相談を依頼したことがご縁のはじまり。「パープル・ハンズ」や「中野LGBTネットワークにじいろ」のイベント等でご一緒させていただく。

ご確認ください
・コロナ感染予防のため事前予約制とします。
・オンサイト(現地会場)及びオンライン(ZOOM)の併用になります。状況によりオンライン開催のみになる可能性があります。
・講師が会場に来ないでリモートで講演をされる可能性もあります。
・参加希望の方は、12月10日(金)までに、G-FRONT関西のアドレス gfront@muh.biglobe.ne.jp まで、氏名、電話番号、「オンサイト(現地会場)/オンラインの別」を記入の上、事前予約をお願いします。
・会場の定員が少ないので、なるべくオンラインでの参加をお願いします。定員を超えると受け付けは終了します。
・メールアドレス1つにつき1名の方が予約できます。
・受付確認メールの発行をもって受付となります。
・開催にあたっての注意事項がありますので、申し込み後に送ります。
・コロナ感染の状況により、講演会の開催を中止する場合があります。
・いただいた個人情報は、参加確認及びコロナ感染の発生時の対応等以外の用途には使用しません。

現地会場参加の方のご注意事項
・体調の優れない方、発熱のある方(検温します。)は会場への入場をお断りします。
・会場ではマスクを着用下さい。
※パーティーの開催はありません。
 

2021年夏季企画のお知らせ

 投稿者:G-FRONT関西  投稿日:2021年 7月31日(土)13時42分20秒
  8月7日開催の講演会「性的マイノリティのマネー&ライフプラン講演会(全2回) 第2回 性的マイノリティのライフプラン」につきまして、講師の永易氏はリモートで講演をされます。(永易氏は会場には来られませんが、会場でも講演の聴講ができます。)  

2021年夏季企画のお知らせ

 投稿者:G-FRONT関西  投稿日:2021年 5月27日(木)00時43分55秒
  2021年夏季企画のお知らせ

2021年8月7日(土)
オンサイト(現地会場)及びオンラインの併用になります。
入場・聴講無料、事前予約制

オンサイト会場:兵庫県民会館 15:00開場
神戸市中央区下山手通4丁目16-3
神戸市営地下鉄 山手線「県庁前」駅下車、東出口2を出てすぐ
場所が分からない方は15時にJR神戸線 元町駅西改札口前にお集まり下さい。

一般財団法人ゆうちょ財団 2020年度金融相談等活動助成事業

性的マイノリティのマネー&ライフプラン講演会(全2回)
第2回 性的マイノリティのライフプラン(15:30~)
まだ結婚制度のない同性カップルや、子なしで老後を迎える「おひとりさま」(同性カップルも死別すればおひとりさま)が、人生の老・病・死の場面で知り、備えておきたいことをご紹介するとともに、セクシュアリティにかかわらず単身高齢社会にある日本で生きるために、さまざまな動きや変化にアンテナを立てるヒントをご一緒に考えましょう。

【講師プロフィール】
永易至文(ながやす・しぶん)
1966年愛媛県生まれ。1980年代末からゲイのコミュニティ活動にかかわる。ライター/編集者として性的マイノリティの暮らしや老後、HIV/エイズ問題を取材する。高邁な理想論を追うよりも、いまできることを具体的に、が持ち味。2013年に行政書士登録、東中野さくら行政書士事務所開設。同年、特定非営利活動法人パープル・ハンズ設立、同事務局長。著書に『ふたりで安心して最後まで暮らすための本』『にじ色ライフプランニング入門』ほか。
現代表とは、1991年名古屋で開催された3サークル(上方DJ倶楽部、YOUgikai、アカー)合同合宿以来の“腐れ縁”。

以下についてご確認ください
・コロナ感染予防のため事前予約制とします。
・オンサイト(現地会場)及びオンラインの併用になります。状況によりオンライン開催のみになる可能性があります。
・参加希望の方は、8月6日(土)までに、 gfront@muh.biglobe.ne.jp まで、氏名、電話番号、オンサイト(現地会場)/オンラインの別を記入の上、事前予約をお願いします。
・なるべくオンラインでの参加をお願いします。オンサイト(現地会場)及びオンラインそれぞれの定員を超えると受け付けは終了します。
・メールアドレス1つにつき1名の方が予約できます。
・受付確認メールの発行をもって受付となります。受付確認メールが届かない方は必ずお問い合わせください。
・オンサイト(現地会場)参加の方は、当日受付確認メールを提示かプリントアウトを持参下さい。
・オンライン開催にあたっての注意事項がありますので、申し込み時に送ります。

・オンサイト参加の方で、体調の優れない方、発熱のある方(検温します。)は入場をお断りします。
・オンサイト参加の方はマスクを着用下さい。
・コロナ感染の状況により、講演会の開催を中止する場合があります。
・いただいた個人情報は、参加確認及びコロナ感染の発生時の対応等以外の用途には使用しません。
・パーティーの開催はありません。
 

本日メンズサロン、レインボーセミナー開催

 投稿者:G-FRONT関西  投稿日:2021年 5月 1日(土)12時23分3秒
  本日は15時からメンズサロン@事務所です。テーマは「SNS」です。17時からレインボーセミナー@事務所です。テーマは「新宿二丁目」(第10章~終章)です。現在、お気軽にご参加くださいとは言いにくい状況ですが、事務所は感染防止対策を取っておりますので、お越しの方は、気をつけてお越しください  

機関誌『ぽこあぽこ22号 特集・講演録(2)』を発行しました。

 投稿者:G-FRONT関西  投稿日:2021年 4月 1日(木)00時22分1秒
  10年ぶりに機関誌『ぽこあぽこ』を発行しました。
4月度会員の方には1部を無料でお渡ししていますので、新規入会、会員更新をご検討の方はこの機会に是非どうぞ。(販売価格は500円です。)

新規入会、会員更新の方はこちら
http://www5e.biglobe.ne.jp/~gfront/profile/index.html

『ぽこあぽこ22号 特集・講演録(2)』
Contents(ご講演者の所属・肩書きは講演当時のものです。)
○「寛容という(ホモ)フォビア」 風間孝氏(中京大学准教授(現教授))
○「生き延びる!セクシュアル・マイノリティのメンタルヘルスUPのために」(本講演については要旨です) 上川あや氏(世田谷区議会議員)・日高庸晴氏(宝塚大学准教授(現教授))
○「ゲイ弁護士から見たセクシュアル・マイノリティと社会」 吉田昌史氏・南和行氏(なんもり法律事務所)
○「虹の向こうに見えるもの~地方都市・松山から見たセクシュアル・マイノリティの課題と展望~」 エディ氏(レインボープライド愛媛代表)

当会では、ジェンダーやセクシュアリティに関連したテーマについて、識者の方々にお話をいただく講演会を開催してきました。講演者の皆様から頂いた、豊富な経験と深い洞察に基づいたご講演は、聴講された方々に感銘を与えるとともに、今後の私たち自身の人生に活かすことができる内容と考えました。
この度、これらの貴重なご講演の内容を更に多くの方々に知っていただくために、『ぽこあぽこ22号 講演録(2)』として発行することにしました。本誌には、2011年度から2014年度までに開催した4回の講演会の講演録を収録しました。
講演会へのご出講、並びに、本誌への講演録の掲載をご快諾頂いた皆様には、改めて厚く御礼申し上げます。
ご講演から長い年月が経っての発行となりましたか、いずれの講演録も、殊に、セクシュアル・マイノリティのリベレーションとコミュニティの意義について、今日でも、多くの知見と思索のきっかけを提示する、普遍的な価値を持ったものとなっています。
本誌が多くの方々に読まれ、新たなリベレーションとコミュニティ形成の礎となることを期待します。

●寛容という(ホモ)フォビア
中京大学准教授(現 教授) 風間孝 氏
2011年12月11日・クレオ大阪北
日本は昔から同性愛に寛容だったと言われることがあります。カミングアウトしたときに、拒絶されるよりも、「個人の自由」として受け入れられることも、最近では、多くなっているようです。そんな簡単に、「寛容」にふるまわれても…と違和感を抱いている同性愛者もいるかもしれません。本講演では、「寛容」とはどのような概念なのかに焦点を当てながら、「寛容」な振る舞いに潜む(ホモ)フォビア((同性愛)嫌悪)について考えます。

●生き延びる!セクシュアル・マイノリティのメンタルヘルスUPのために(本講演については要旨です)
世田谷区議会議員 上川あや 氏・宝塚大学准教授(現 教授) 日高庸晴 氏
2012年12月15日・クレオ大阪北
皆さま頑張って生きてますか~?
日々、生きるために仕事や家族・友達等の人間関係に気を使いつつ、時には息をついて…誠にお疲れ様です。
でも時々ふと、しんどくなる時ってありませんか…?
ちなみに、ゲイ・バイセクシュアル男性の自殺率って、統計データによると一般の6倍近くだそうです (・_・)(以下の日高さんの大阪での街頭調査)。
トランスジェンダーやGIDも、岡山大学病院などの臨床データによると、高度の自殺(念慮、未遂)率が報告されてます。
いやはや…ではありますが、こうした現実を踏まえ、政府の「自殺予防大綱」の改訂に際して、「性的マイノリティ」を入れるべきだという提案がされています。しかし、なかなかスムーズには行かない模様。その辺りも含めて聞きたい!という訳で、詳しいお2人をお呼びしました。①当事者のメンタルヘルスをサポートしてUPするとともに、②セクシュアル・マイノリティにとっても「生きやすい」社会を作っていくための手だてを、共に考えたいと思います。

●ゲイ弁護士から見たセクシュアル・マイノリティと社会
なんもり法律事務所 吉田昌史 氏・南和行 氏
2013年12月8日・クレオ大阪北
2013年はセクシュアル・マイノリティにとって大きな意味を持つ年になるかもしれません。
一週間のうちに必ず一度は、メディアでセクシュアル・マイノリティ関連の話題が取り上げられるようになり、遂に複数の地方自治体がセクシュアル・マイノリティの支援を公式に掲げ、象徴であるレインボーフラッグを掲げる市町村も現れ始めました。多くの人がここ何年かで、最もセクシュアル・マイノリティがホットな話題になっていると感じているのではないでしょうか。
そんな中、ここ大阪でも一つの勇気づけられる試みが始まりました。
吉田昌史さんと南和行さん両名が今年、ゲイカップルとして性的指向を明らかにして日本で初めて法律事務所を開所されたのです。
お二人はセクシュアル・マイノリティ関連の相談、人権状況の向上に積極的に取り組んでおられ、全国から多くの相談が寄せられています。
そんな今話題のお二人を講師に迎えて、日本におけるセクシュアル・マイノリティの人権がどのような状況にあるのか、そして今後どのような未来を迎えていくのか、共に考えていきたいと思います。

●虹の向こうに見えるもの~地方都市・松山から見たセクシュアル・マイノリティの課題と展望~
レインボープライド愛媛代表 エディ 氏
2014年12月27日・クレオ大阪北
ここ数年セクシュアル・マイノリティについての肯定的な表現も多くみられるようになりました。そういう意味では時代の変化を感じざるを得ません。
しかしながら、パレードやコミュニティを離れ、日常生活に戻ったとき、「まだまだセクシュアル・マイノリティを取り巻く環境は厳しい」というのが、実感ではないでしょうか?特に、長く付き合える友達ができにくい、また、地方ではまだまだセクシュアル・マイノリティの活動や団体も少ないため、苦労している、といった声を多く聞きます。そうした時代、ネットが当たり前となった今だからこそかえって、顔を会わせて本音を言い合える「居場所」や「コミュニティ」の存在意義が増してきているようにも感じます。
今回、講師としてお招きするエディさんは、職場でカミングアウトをし、長年サラリーマンをしながら生まれ育った松山で地域に根差した活動を継続されてきました。2007年設立のレインボープライド愛媛を通じ、映画祭の開催、情報誌の発行、そして2013年には松山にLGBTセンターを設立など実に多種多様な活動を行われています。東京や大阪でも難しいことを、この短期間でこれだけの規模でできた秘訣は何なのか?地方都市特有の課題や困難は何なのか?そして職業との両立をどうしているのか?などエディさんのご経験をお伺いしながら、一緒にセクシュアル・マイノリティを取り巻く環境とその未来について考えてみませんか?

(説明文は講演会の宣伝で用いたものです。ご講演者の所属・肩書きは講演当時のものです。)

お問い合わせ gfront@muh.biglobe.ne.jp

 

【重要】2021年新春企画を延期します

 投稿者:G-FRONT関西  投稿日:2021年 1月18日(月)12時44分15秒
  2021年2月7日に予定していた新春企画「性的マイノリティのマネー&ライフプラン講演会 第2回 性的マイノリティのライフプラン」ですが、新型コロナ感染症拡大に伴う緊急事態宣言発令を受け、延期させて頂きます。新たな開催時期、開催方式等、詳細が決定次第、当会ホームページ、Twitterアカウント等で告知します。よろしくお願い致します  

あけましておめでとうございます

 投稿者:G-FRONT関西  投稿日:2021年 1月 2日(土)11時32分57秒
  皆様あけましておめでとうございます。今年はコロナが終息に向かい、皆が笑顔で過ごせる一年になればいいですね。今年もG-FRONT関西をよろしくお願い致します  

2021年1月の予定

 投稿者:G-FRONT関西  投稿日:2020年12月28日(月)02時17分30秒
  2021年1月の予定 1/9土1500-1700メンズサロン、1700-1800レインボーセミナー、1/16土1600-1800【予約制】説明会&交流会、1/23土1500-会報発送作業、1/24日1500-1800トランスサロン  

レンタル掲示板
/38